ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

失敗しない中古車選びには絶対条件というものがあります。

 

この「絶対条件」というものを見逃すと
思わぬトラブルが起きたり出費が思ったよりも多くなります。

 

 

 

 

走行距離が多くても〇〇が条件にマッチしていれば
確実に状態の良い中古車を手にすることができますし
修理や交換部品などはほとんど不要だといえます。

 

 

新車買いなよ、中古車なんてすぐに壊れるでしょ?

 

 

新車しか購入したことがない会社の上司が
僕が買った中古車で出社した時言った言葉です。

 

 

 

 

しかし、中古車がすぐに故障するというのは
冒頭で何度も言っている中古車選びで〇〇を意識しないで
安いからといって購入した結果だといえます。

 

 

「そろそろ、その『〇〇』というのを教えてくださいよ」

 

 

そのように思う人もいるかもしれませんので
そろそろ「〇〇」とは何なのかにを、ここで明かしましょう。

 

 

 

 

実は、「〇〇」に入る言葉というのは「年式」です。

 

中古車選びで走行距離よりも
どうして年式を重視するほうが良いのかといえば・・・

 

 

 

 

 

年式が新しければ新しいほど
修理する部分や交換する部分が少なくて済みます。

 

たとえば、年式が新しい車は「シャフトブーツ」や「タイロッドエンドブーツ」と
「ロアアームブーツ」は年式が新しい場合はそれほど傷んでいません。

 

でも、走行距離によってはひび割れをしていることもあります。

 

 

 

さて、車の専門的な部品名が出たところで
一つ一つ何の部品課を説明しておきましょう。

 

 

 

シャフトブーツとは?

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

シャフトブーツとは、ドライブシャフトという
エンジンの動力をタイヤに伝える部品のジョイントに
異物が入り込まないようにする部品を言います。

 

 

 

シャフトブーツが破れるとどうなる?

 

 

シャフトブーツの中にはグリスが入っており
ブーツが何らかの原因で破れると中のグリスが走行中に飛び散ります。

 

 

 

 

そのまま走り続けることによって
カーブを曲がるたびに「カリカリカリ」という音がします。

 

 

 

 

さらに乗り続けることによって駆動輪にあるベアリングや
ジョイント部分に損傷を与えることになります。

 

僕自身がディーラーで修理してもらったときは
軽自動車で「ベアリング交換」「ドライブシャフト交換」「シャフトブーツ交換」で
修理費が「7万円」もかかった経験があります。

 

 

 

 

シャフトブーツは「ひび割れ」の状態でも交換が必要です。

 

なぜなら、走行し続けていることで
シャフトブーツのひび割れの溝が深くなり
次第に、破れていくからです。

 

 

 

 

なので、ひび割れの状態でも交換が必要なんです。

 

 

 

タイロッドエンドブーツとは?

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

ハンドル操作をするために取り付けられた部品で
「タイロッド」というものがあります。

 

「タイロッド」とは、自動車の前輪というのは
ハンドルを回すことで車の角度が変わります。

 

 

 

そのハンドルの動きを伝えている部品が「タイロッド」と言います。

 

 

 

タイロッドエンドブーツが破れるとどうなる?

 

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

タイロッドブーツがない状態で駆動輪につながっていると
ハンドルにガタができハンドルの遊びが大きくなってハンドルを回しても
すぐにタイヤが動いてくれなくなり大変危険です。

 

つまり、タイロッドエンドブーツとは
異物が入らないように取り付けられた部品です。

 

 

 

 

しかも、中のグリスによって動きがスムーズに行えるようにしています。

 

なので、タイロッドエンドブーツが敗れてしまい
グリスが漏れてしまって中のグリスが無くなると
ハンドル操作ができなくなる危険があるということです。

 

 

 

 

そして、年式が10年落ちとかになると
絶対に確認をして交換したほうが良い部品となります。

 

なぜなら、こういう部品関連は足回りに関係しているので
不都合が起きると、先ほど説明した通り
思わぬ事故につながる可能性があるからです。

 

 

 

年式が古い車は値段は安いが逆に高くつく理由

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

年式が古い車という定義は
人によっては違うので僕の場合の定義を説明しておきます。

 

僕の言う「年式が古い車」とは10年落ち以上の車を言います。

 

 

 

 

さらに、10年落ちの車を中古として購入した場合は
足回りから順番に交換していくべき部品を探し交換していきます。

 

たとえば、シャフトブーツにひび割れがあった場合は
交換するようにしています。

 

 

 

 

ただ、年式が古い車の場合は
いきなり交換するべき部品が多いので
安い車を買っても出費が逆に多くなってしまうことがあります。

 

交換しないで放っておくという意見もありますが
そうすることで、故障の原因になる可能性が高くなります。

 

 

 

 

 

なので、古い車ほどシビアに交換していくべき部品をチェックして
ディーラーまたは自分で交換していく必要があります。

 

年式が古い車でも走行距離が2万Kmという中古車もありますが
こういう車は逆にエンジンコンデションが悪い場合もあります。

 

 

 

 

なので、年式が比較的新しいほうが
交換部品が少なく済みますし劣化している可能性も
ほとんどない場合もあります。

 

 

 

 

狙い目は5年落ちの車!

 

失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!

 

 

 

中古車で狙い目になるのは「5年落ち」の中古車です。

 

理由は、5年落ちの中古車は見た目もキレイですし
部品なども劣化している部分が少ないので
交換する必要がほとんどないからです。

 

 

 

 

確かに、年式が新しすぎれば値段も高くなります。

 

しかし、予算の範囲内で購入ができる中古車のなかで
最も年式が新しい車を選ぶほうが失敗しなくてすみます。

 

 

 

 

 

たとえば、5年落ちの車を予算40万を上限にして
カーセンサーで探してみると結構出てきます。

 

2018年1月現在で調べた結果でも予算40万円の範囲内でも
5年落ちの車が軽自動車なら選び放題でした。

 

 

 

 

乗用車も5年落ちの車がそこそこ出てきました。

 

実際に、あなたの住んでいる地域で
5年落ちの車を探してみると良いでしょう。

 

↓↓       ↓↓

 

5年落ちの中古車もすぐに見つかる!【カーセンサー】

 

 

 

関連ページ

中古車の値引きを3回以上簡単に成功させた秘訣とは?
中古車の値引き交渉を3回以上成功させた方法を実体験をもとに紹介していきます。
新古車・未登録車・未使用車の意味【お買い得なのか検証】
新古車を買うメリットやデメリットなどを実体験をもとに紹介していきます。
残り1年車検がある中古車を買ったときの実体験
残り1年車検がある中古車を買ったときの実体験を解説していきます。残りの車検がある中古車がどれほどお得な買い物なのかを実体験を交えて解説していきます。
中古車を買うならディーラーか中古車販売店かどっちが安い?
中古車を買うならディーラーか中古車販売店かどっちが安いかを検証していきます。
中古車をよりやすく買いたいなら県外で買ってはいけない理由
中古車をより安く買いたいなら県外で買ってはいけません。それにはいろいろな理由があるので、その理由を解説していきます。
中古車は事故車を選ぶほうがお得!?【実体験からの感想】
中古車は事故車を選ぶほうがお得なのかを具体的に解説をしていきます。ですが、車に〇〇〇〇〇人は購入しないほうが良いです。いったいどんな人が買ってはいけないのかを解説します。
中古車は走行距離を気にしないほうが良い!
中古車は走行距離を気にしないで購入をしたほうが良いですね。なぜなら、エンジンコンデションがよく故障が少ない車というのは走行距離とは全く関係がないからです。
別の店で買った中古車をディーラーで点検してもらえるのか検証
買った中古車を別のディーラーで点検をしてもらえるのかを実体験を交えて解説をしていきます。
目当ての中古車を安く買うための時期とは?
目当ての中古車を安く購入したいと思いませんか?中古車を、より安く購入するには時期とタイミングが必要です。最も中古車が安く変える時期を実体験をもとに紹介していきます。
支払総額10万円の中古車を買う場合に注意すること
支払総額が10万円の中古車を買う場合は、いろいろと注意すべき点があります。ただ、10万円の中古車だからと言って床が抜けているなんてことはありません。普通に乗れるんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較