ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

中古車は走行距離を気にして買っても
ほとんど意味がない行為です。

 

なぜなら、走行距離が少なくても
オイル交換がしっかりとされていないなら
エンジンコンディションは最悪だからです。

 

 

 

 

さらに、オイル交換をしっかりとされて
メンテナンスもされている車なら走行距離が多くても大丈夫なんです。

 

 

 

 

5年落ちで10万Km走行している中古車は狙い目の理由

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

5年落ちで走行距離が10万Km走行している中古車というのは
販売店がメーターをいじっている可能性は比較的少ないといえます。

 

そもそも、走行距離が多めの車というのは
故障が多いといわれますが、あれは嘘です。

 

 

 

 

 

確かに、ベルト関係やゴム系やタイヤなどや
オイル系などいろんな面を見ると交換すべき部品はあるでしょう。

 

しかし、こうした部品は「消耗品」と呼ばれ
車を使ういじょうは交換していくべき部品なんです。

 

 

 

 

 

中古車というのは「故障が多い」と言われますが
消耗品がたまたま寿命が来て整備士に「交換したほうが良い」と言われ
「買ってすぐに壊れた」と表現しているのかもしれません。

 

業者は、走行距離が多い車(安い車)よりも走行距離が少ない車(高い車)が
売れるほうが良いので「走行距離が多い車は壊れやすいですよ」と言います。

 

 

 

 

 

ただ、お客さんが無知だったら余計に
そのようなアドバイスをするのではないでしょうか。

 

5年落ちで走行距離が10万Kmの中古車が
どうして狙い目なのかといえば
かなり安い車で年式がそこそこ新しいからです。

 

 

 

 

走行距離が多い車はエンジンコンディションが悪いって本当?

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

すべての走行距離が多い中古車が
エンジンコンディションが悪いのかといえば全くそんなことはありません。

 

 

たとえば、オイル交換を定期的にしてプラグ交換や
エンジンエアクリーナなどをこまめにチェックしていた車は
走行距離が多くてもエンジンコンデションが良い場合が多いです。

 

 

 

 

 

ただ、ノーメンテで走行距離が多い車の場合は
確かに調子が悪い車が多いですね。

 

リースアップ車なら定期的にオイル交換をして
メンテナンスもきっちりされているので
走行距離に関係なく買って安心な車だといえます。

 

 

 

 

 

なぜなら、リースアップ車の場合は前の持ち主がどういう人で
どういう管理をしていたのかが販売店で分かるはずだからです。

 

僕の場合は、オニキスが中古車を販売していたのを
カーセンサーで発見し購入しました。

 

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

その時に、リースアップ車で販売店も管理していた車だと
対応してくれた店の整備士が言ってました。

 

さらに、走行距離が10万を超えていたにもかかわらず
現在も調子よくてノントラブルで走っていますよ。

 

 

 

 

販売店の言っていることは信用できない!?

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

販売店は、中古車を売るのが仕事なので
どうしても高い車を売りたいんです。

 

 

 

走行距離が少ないほうが安心して乗れる

 

 

このように言う販売店は
ただ、自分が儲けたいだけでしょう。

 

 

 

 

 

結論を言わせていただければ
走行距離だけでは車の状態の良し悪しは判断できません。

 

走行距離が多くても状態が良い車はありますし
走行距離が少なくても状態が悪い車はあります。

 

 

 

 

 

なので、走行距離だけに意識を傾けるのではなく
年式もチェックしてみるのも大切だといえます。

 

たとえば、年式が古い車で走行距離が少なすぎる場合は
注意が必要となります。

 

 

なぜなら、走行距離よりもどういう使い方をされ
どのようなメンテナンスをされてきたのかが重要になってくるからです。

 

 

軽自動車は耐久性が低いから走行距離10万Km走っていたらゴミ?

 

中古車は走行距離を気にしないほうが良い!

 

 

軽自動車は耐久性が低いと思われがちですが
一昔前の軽自動車の事が世代を超えて伝えられているようです。

 

ですが、今の軽自動車は耐久性がとても優れているので
走行距離が10万Kmを超えていても問題なく乗れることが多いです。

 

 

 

 

 

軽自動車も普通乗用車も同じで
走行距離よりも重要なのは日ごろのメンテナンスです。

 

らに、どのような車でも同じことが言えますが
消耗品を定期的に交換をしていれば致命的な故障は避けられます。

 

 

 

 

そもそも、中古車が故障しやすいとか走行距離が多いと
故障しやすいというのは、消耗品を交換せずに
いつまでも使い続けていることが原因です。

 

たとえ、10万Km走行している中古車を買っても
メンテナンス次第で、まだまだ乗り続けることができるんです。

 

 

 

 

さらに、走行距離が少ない中古車は気を付けるべきこともあります。

 

どういうことに気を付ける必要があるのかを
こちらのページで紹介をしているのでご確認ください。

 

↓↓      ↓↓

 

走行距離が少ない中古車の考えられる危険性

 

 

 

関連ページ

中古車の値引きを3回以上簡単に成功させた秘訣とは?
中古車の値引き交渉を3回以上成功させた方法を実体験をもとに紹介していきます。
新古車・未登録車・未使用車の意味【お買い得なのか検証】
新古車を買うメリットやデメリットなどを実体験をもとに紹介していきます。
残り1年車検がある中古車を買ったときの実体験
残り1年車検がある中古車を買ったときの実体験を解説していきます。残りの車検がある中古車がどれほどお得な買い物なのかを実体験を交えて解説していきます。
中古車を買うならディーラーか中古車販売店かどっちが安い?
中古車を買うならディーラーか中古車販売店かどっちが安いかを検証していきます。
中古車をよりやすく買いたいなら県外で買ってはいけない理由
中古車をより安く買いたいなら県外で買ってはいけません。それにはいろいろな理由があるので、その理由を解説していきます。
中古車は事故車を選ぶほうがお得!?【実体験からの感想】
中古車は事故車を選ぶほうがお得なのかを具体的に解説をしていきます。ですが、車に〇〇〇〇〇人は購入しないほうが良いです。いったいどんな人が買ってはいけないのかを解説します。
失敗しない中古車選びの絶対条件は〇〇が重要!
故障が少ない中古車を選ぶには、あることを意識して探していくと良いです。その「あること」を詳しく紹介していきます。
別の店で買った中古車をディーラーで点検してもらえるのか検証
買った中古車を別のディーラーで点検をしてもらえるのかを実体験を交えて解説をしていきます。
目当ての中古車を安く買うための時期とは?
目当ての中古車を安く購入したいと思いませんか?中古車を、より安く購入するには時期とタイミングが必要です。最も中古車が安く変える時期を実体験をもとに紹介していきます。
支払総額10万円の中古車を買う場合に注意すること
支払総額が10万円の中古車を買う場合は、いろいろと注意すべき点があります。ただ、10万円の中古車だからと言って床が抜けているなんてことはありません。普通に乗れるんです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較