ワオスタディーの口コミと評価

中学生の勉強のやり方で180度変わる劇的な学習法

MENU

ワオスタディーと進研ゼミの費用を徹底比較!

ワオスタディーと進研ゼミの費用を徹底比較!

PR
 


ワオスタディーは独自のアイディアで
学習をしていくスタイルをとっている通信教育ですが
独自のシステムによってスピード解答ができて
従来の映像授業のデメリットを完全に改善させています。


子供の学力レベルに合った教材を提供して
勉強が出来ないお子様も成績アップしやすい環境
学習ができるので自然と授業にも追いつけるようになります。




進研ゼミも画像授業を採用していますが
中学生コースでは従来の方法を使用しているようです。

では、受講料の方はどうなっているのか?ということで
進研ゼミと少し比較をしていきたいと思います。


ワオスタディー入会金:5250円(2人目以降は無料)

受講料1教科:3990円

受講科目:国語、算数、英語

その他費用:システム関連費・毎月1,000円

体験学習:2週間の無料体験学習あり




進研ゼミ入会金:なし受講料

<例>小学6年生 5,550円(毎月払いの場合)まとめ払い割引あり

受講科目:国・算・理・社

その他費用:オプション教材が必要な場合は追加料金

体験学習:なし




ワオスタディーは「社会」と「理科」がなく
「国語」と「算数」「英語」の3教科で3990円で
別にステム関連費が1000円毎月支払うことになります。



それに対して進研ゼミは小学6年生を例にすれば
5550円で4教科受講が可能です。

もちろん、システム関連費は進研ゼミでは支払う必要はないです。

PR
 

確かに、このようにして比較をすれば
進研ゼミが圧倒的にお得であり受講費も安いです。

しかし、お子様の学習教材というのは
単純に金額だけで決めるのは後悔しやすいですね。


なぜなら、金額が安い通信教育を利用しても
お子様に対する接触回数が低ければ質問しにくい存在になり
分かりにくい部分も自分で解決していかないといけなくなります。


自己解決ができるお子様なら、特に進研ゼミのような通信教育でも
ガンガン伸びていくでしょうけど、生徒との接触頻度が高く
しかも、質問をして直ぐに返事が来なければ、やる気も損ないかねません。



進研ゼミの場合は、自分で学習ができない場合は
人によってはドンドン溜まっていき挫折していきます。

そして、進研ゼミの場合は解答が手元にあるために
親の目を盗んで解答を見てしまうというケースもあります。


しかし、ワオスタディーの場合は
解答は手元にないために見ることが出来ません。

受講費が安くても理解できない内容や
質問しても返事が遅い通信教育などは論外ですし
お金の無駄と言い切っても良いでしょう。



ワオスタディーの費用は高いですが
お子様に合わせた学習ができるので
ストレスと感じること無く学習を進めることが可能です。

通信教育などを受講しているのに
一向に成績が上がらないというお子様に
ワオスタディーは最適な通信教育となるでしょう。



PR

 

カテゴリー

ワオスタディーの口コミ

ワオスタディーの費用

ワオスタディーの特徴

テストの点数を上げる方法

勉強嫌いの子をやる気にさせる秘策

ディレクト総合教育センターの口コミ

ディレクト総合教育センターと比較

ディレクト総合教育センターの特徴