20代男性の抜け毛の3つ原因【最も無難な対策】

20代男性の抜け毛の3つ原因【最も無難な対策】

薄毛

20代男性の抜け毛の3つの原因ですすが
若年性脱毛症の場合は10代~20代から
急速に脱毛が始まる場合があります。

医学的には「若年性脱毛症」といった特定の疾患があるのではなく
本来は脱毛が始まるような年齢ではない青少年に起こる症状を
全てまとめて、「若年性脱毛症」と総称しています。

 

そのため、脱毛が始まる原因も色々であり
複数の要因が複合している可能性もあります。

それぞれの原因について解説していきます。

 

1.ストレス

一時的に抜け毛が増加している場合は
人間関係のストレス等や心理的な不安などが
影響していることが多いです。

精神的な不調が脱毛の原因となっている場合が多いようですね。

ストレスが原因の場合は抜け毛が多くなるのは一時的なものが多く
ストレスが解消されていくと自然と治まることが多いです。

抜け毛を防ぐには余りストレスとを貯めないことが重要と言えます。

対策としては、趣味を見つけ楽しいひと時を過ごしたり
カラオケなどでおもいっきり歌うなど旅行に出かけるなど
あなたに合ったストレス発散法を見つけましょう。

抜け毛が気になるようでしたら
育毛剤などを使ったりするのも有効的です。

2.男性ホルモン
男性らしい体つきを作るというホルモンですが
このホルモンの成長ホルモンであるテストステロンが
ジヒドロテストステロンに変化することで脱毛を引き起こします。


通常は、30代から増え始めるという
ジヒドロテストステロンですが遺伝などが原因
10代から薄毛が進行し始めるケースもあります。


薄毛の原因となる男性ホルモンが
異常に分泌されるのを抑えるには
食事療法などや漢方などを取り入れるという方法が
最も無難な対策と言えます。

最近では病院でホルモン注射を打つことで
男性ホルモンと女性ホルモンの分泌料のバランスを
整える方法もあるようです。

また、男性ホルモンの過激な分泌を抑える製品も多いですが
毛根に直接に発毛効果のある成分が行き届かない限りは
どんなに優れた成分を配合されている育毛剤でも効果は出ません。

育毛剤の中でも毛根に直接有効な成分が
毛根に行き届く製品を選ぶようにすると良いでしょう。

3.その他の疾患
肝機能障害などや糖尿病や内臓機能疾患
免疫系や甲状腺ホルモンなどが原因で
脱毛症状が出ることもあります。こういったものが原因の場合は
初期自覚症状が無い事が多いです。


肝機能障害などや糖尿病や内臓機能疾患
免疫系などが原因と思われる場合は
医師の診断を受けることをおすすめします。

以上ですが、脱毛症状の原因が「男性ホルモンの過激分泌」や
ストレス」などが原因とみられる場合はナノインパクトプラスが
薄毛進行を抑えるための強い味方となってくれるでしょう。

 

なぜならナノインパクトプラスには
「PLGAナノカプセル」という微粒子が
毛穴の奥の毛根に直接行き届き根強い髪の毛を
作り出す事ができるからです。

抜け毛を減少させて薄毛の進行を止めたいという人は
ナノインパクトプラスを試してみると良いですね。

↓     ↓

育毛剤ナノインパクトプラス

コメントを残す



CAPTCHA