花粉症対策プロジェクト

市販の点鼻薬の成分で鼻づまりがひどくなる理由

市販の点鼻薬の成分で鼻づまりがひどくなる理由

 

市販の点鼻薬の成分で鼻づまりがひどくなる理由

 

市販の点鼻薬の成分で更に鼻づまりが
悪化するケースがあるみたいですね。

 

点鼻薬を使えば鼻づまりが治まると
僕は思い込んでましたがそうでもなさそうです。

 

 

成分としては、以下の様な成分が入っていたら
注意したほうが良いでしょう。

 

塩酸(硝酸)ナファゾリン

 

塩酸トラマジリン

 

塩酸(硝酸)テトラヒドロゾリン(テトリゾリン)

 

塩酸フェニレフリン

 

塩酸(硝酸)オキシメタゾン

 

ただ、使ってはいけないわけじゃないので
誤解のないようにしてくださいね。

 

使い方を誤れば、鼻づまりが
更に悪化する可能性があるってことです。

 

市販の点鼻薬の成分で鼻づまりがひどくなる理由

 

僕が愛用しているフェロテナス点鼻薬には
塩酸(硝酸)ナファゾリン」が入ってますが
特に問題なく愛用してますよ。

 

僕自身は1周間に1回程度使うくらいですが
花粉の時期になると1日に2回程度使いますね。

 

 

基本的に、点鼻薬は1日に2回までと
決めたほうが良さそうです。

 

容器とか箱には6回が限度と書かれていますが
使い過ぎると粘膜の腫脹がとれなくなり
こんな状態になると、どんな薬も効かなくなるんです。

 

 

長時間使い続けていると効果が得られなくなり
「薬剤性鼻炎」という鼻の粘膜が腫れ上がってしまいます。

 

そうなると、更に鼻づまりが悪化してしまうんですよ。

 

 

でも、即効性のある薬なので正しい使い方をすれば
楽にしてくれる救世主ともいえますね。

 

 

鼻づまりを改善するには他にも
こういう方法があるので
こちらをチェックしてみてくださいね。

 

↓↓          ↓↓

 

花粉症の鼻づまりの対処法とは?

 

 

 

関連ページ

花粉症の鼻づまりの対処法とは?
花粉症で鼻が詰まると本当に息苦しい・・・もうね、鼻づまりだと息苦しいうえに睡眠の邪魔までされるのは、たまったもんじゃないですよ。

トップページ サイトマップ 花粉症対策のグッズ 花粉症対策に最適な食事 花粉症対策に最適な家電 花粉症のウソ・ホント