ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

中古車の事故歴がある車の見分け方

中古車の事故歴がある車の見分け方

 

 

中古車には事故車を修復した車も販売されていますが
事故車といっても程度によるものが大きいといえます。

 

また、メーターの改ざんなど走行距離をいじった車も
平気で中古車として販売している業者もあるんです。

 

 

 

 

できれば、そういう事故歴のある車や
メーターをいじっている車は避けたいところです。

 

このページでは、そのような不正車両や
事故歴のある車の見分け方について解説をしていきます。

 

 

 

 

修復歴のある車と事故歴のある車の違い

 

 

修復歴のある車のことを事故歴のある車だと
思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

事故車でも特定の箇所の修理や交換をしていなければ
事故車でも修復歴車ではないんです。

 

 

 

 

たとえば、バンパーに目立つ傷があっても
ドアに大きな傷があっても交換をしていなければ
事故車でも修復歴車にはならないんです。

 

ただ、事故車とひとくくりにしてしまうと
中古車に関して誤解を与えてしまうかもしれません。

 

 

 

 

事故の大小を明確にされていない時点で
傷などを発見したら販売店に質問をするのも良いでしょう。

 

ですが、修復歴のある車の場合は
同年式よりも安い場合もありますけどね。

 

 

1.サイドメンバ
2.クロスメンバ
3.インサイドパネル
4.ピラー
5.ダッシュパネル
6.ルーフ
7.フロア
8.リアフロア
9.ラジエータコアサポート(※)

 

以上の箇所を修理・交換を行うと修復歴車になります。

 

※ラジエターコアサポートは交換ではなく
フレーム修正の場合は事故扱いにはなりません。

 

 

 

 

 

車は「外観部分」と「構造部分」と大きく分けられます。

 

外観部分は「ドア」「トランク」「ボンネット」
「フロントバンパー」「サイドステップ」などになります。

 

 

 

 

こうした部分は、修理・交換をしたとしても
走行には支障はないことが多いですね。

 

こうした理由から、外観部分を板金したり交換や修理をしても
中古車業界では事故扱いにはならないんです。

 

 

 

 

 

ですが、構造部分を損傷していると車の剛性などや走行に欠陥が生じ
本来の性能に悪影響を与える可能性もあります。

 

なので、構造部分を交換したり種類をしたりすると
車に何らかの悪い影響を与える危険があるとして
事故扱いになり「修復歴あり」になります。

 

 

 

 

ただ、一般の人が事故車と思っていることと
中古車業界が定めている事故車の基準とは大きなズレがあります。

 

たとえば、ブロック塀にぶつかってバンパーに傷が入っても
構造部分に何の問題もなく外観部分を修復するだけで直ったなら
点灯で販売するときは事故車扱いにはならないことが多いです。

 

 

 

 

ただ、修復歴無しと表示している車でも
完全に無事故ということもなく実際は事故を起こしている可能性もあります。

 

つまり、構造部分に損傷が出ない限りは
事故車として扱われずに無事故者と表示され
店頭に並ぶというわけです。

 

 

 

 

なので、事故車かどうかを知りたいという場合は
あなたが実際に中古車を見に行って外観部分の修復をしているかどうか
見分けられる目を持つ必要があります。

 

 

 

 

事故車かどうかを見極める5つのポイント

 

・ボンネットやフェンダーの隙間部分は均一しているかをチェック

 

・ヘッドライトやボンネットなどの隙間部分が均一かどうかをチェック

 

・斜め後ろから車全体を見て塗装の色合いの変化をチェック

 

・テールランプやトランク部分の隙間は均一かチェック

 

・ドアとドアの隙間は均一かチェック

 

 

ただ、実際に中古車センターでは店員が
車の説明をすることが多くチェックしにくい場合が多いですね。

 

これは、チェックさせないための戦略なのでしょうか。

 

 

 

 

 

店員がそばにいてもチェックできるのは
エンジンルームやトランク周りでしょう。

 

エンジンルームでは、各ボルトをチェックしてみます。

 

 

 

 

ボルト周辺の塗装が剥げているなら
部品を交換した可能性があります。

 

今回紹介したことをチェックしていけば
事故車ではない中古車を手にすることができるでしょう。

 

 

 

 

 

関連ページ

事故歴のある車はお得?!実際に事故車を買った体験談
事故歴のある車はお得?!実際に事故車を買った体験談を紹介していきます。ただ、事故車と言ってもどれくらいかによってリスクは低くもなり高くもなります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較