ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

5年落ちでも走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

 

5年落ちの車でも10万キロ以上走行している車は
中古車としての価値はほとんどありません。

 

なので、年式が新しくても走行距離が10万キロを超えていたら
同年式の車よりも安くなっていきます。

 

 

 

 

中古車販売業の人に言わせれば「走行距離が多い車は買うべきではない」と
そのように言うに違いないでしょう。

 

理由は、走行距離が多い車はゴム系などや
その他の消耗品などが痛んでいる可能性があるからです。

 

 

 

 

 

しかも、そのまま乗っていると故障する可能性もあるというのも理由でしょう。

 

しかし、最近の車の耐久性は一昔前の車よりも高くなっていて
そう簡単に故障するということは少なくなっています。

 

 

 

 

 

僕自身も5年落ちで走行距離が多い車に乗っていますが
購入から1年経過していますが全くトラブルがありません。

 

僕の場合は、購入してすぐに
エアクリーナーやプラグなどを交換して
ゴム系なども点検しています。

 

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

 

消耗しやすいと思われる部分はすべて見たので
トラブルがないのかもしれません。

 

どんな年式の中古車でも購入して乗って帰っている途中で
オイル交換に出かけるのが良いかもしれません。

 

 

 

 

これは、古い車ほどやっておくべきことだと感じます。

 

自分で出来る範囲でも点検をしたほうが良いですが
それが出来ない場合はディーラーで点検をしてもらうのも良いですね。

 

 

 

 

僕の行きつけのディーラーは1万円以内でやってもらえました。

 

ディーラーによっては値段が違うので
一番安いディーラーでしてもらうのが良いですね。

 

 

 

 

走行距離が多い中古車って年式が古い?!

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

 

走行距離が多い中古車は年式が古いというイメージが強いかもしれません。

 

僕自身が今カーセンサーで検索をしても
走行距離が10万キロ以上の中古車でも
5年落ちの安い車はたくさん出てきます。

 

 

 

 

 

走行距離が多い中古車は年式が古いということはありません。

 

また、メンテナンス次第で長く乗れますし
30万キロも余裕で走れる車は非常に多いのが現状です。

 

 

 

 

ただ、メンテナンスを全くしない乗るだけの人の場合は
走行距離に関係なく車が故障しやすいというケースもあるように思えます。

 

ただ、メンテナンスが高くつくというのは
消耗品を交換しないでほったらかしにした期間が
とても長かった車の場合でしょう。

 

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

 

 

そういう車は、確かに故障しやすいと考えられます。

 

僕の経験上の話ですが年式が5年落ちくらいまでなら
走行距離が長くても問題なく乗り続けることができます。

 

 

 

 

しかも、しっかりとメンテナンスをしていけば
さらに、長く乗れるはずですよ。

 

ただ、消耗品の交換する量が多いのは確かですが
徐々に交換していくというのも一つの方法だといえます。

 

 

とにかく安くて年式の新しい車が欲しいなら距離は無視したほうが良い

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由

 

 

とにかく、安い年式の中古車が欲しいというなら
走行距離なんて意識しないほうが良いでしょう。

 

なぜなら、走行距離が多くても
年式が少しでも新しい車は問題なく走行できるからです。

 

 

 

 

しかも、リースアップの中古車は確実にメンテされているので
走行距離に関係なく状態がとても良いです。

 

たとば、走行距離が14万キロ走っていたとしても
リース車はメンテナンスがしっかりとされているので
状態がとても良いんです。

 

 

 

 

なぜなら、リース車はオイル交換や自動車税などや
車検代などが無料で出来るからです。

 

ですが、結局は整備代やメンテナンス代などは
リース料に含まれているので事実上は無料ではないんですけどね。

 

 

 

なんとなくお得感があるのでオイル交換も自主的にする人が多いのではないでしょうか。

 

また、借り物だという意識も強いため
室内も余り汚さず外装もできる限り傷がつかないように
奇麗に利用している場合が多いです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

走行距離が10万キロ以上ある中古車は
とても安い値段で販売しています。

 

今すぐにでも車が欲しいという人などは
走行距離は無視して購入すると良いですね。

 

 

 

 

でも、すぐに手放さずに少し長めに利用するという場合は
リースアップの中古車を探してみるというのも良いでしょう。

 

リースアップの中古車はカーセンサーでも検索できるので
状態の良い中古車を探しているなら利用してみると良いでしょう。

 

↓↓           ↓↓

 

状態の良いリースアップの中古車も検索できる中古情報サイト

 

 

 

 

 

 

関連ページ

満足して乗り続けるための中古車選びとは?
満足して乗り続けるための中古車選びを紹介していきます。
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイント
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイントを紹介していきます。
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車とは?
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車を紹介していきます。
中古車の軽自動車で5年落ちはお買い得か検証
中古車の軽自動車で5年落ちの車は大変お買い得な車だと感じます。ですが、NAとターボ車とでは選び方が異なります。当管理人の体験談を交えて解説をしていきます。
新車と中古車はどちらがお得か体験談で解説!
新車と中古車はどちらがお得なのか実体験をもとに解説をしていきます。
中古車の寿命を大きく縮めるサビをチェックするポイント
中古車で最も注意してみるべきものがあり、それを見逃したために車に中古車感がアップしやすくなります。できれば、奇麗で安い中古車を手にしたいと思うでしょう。ここでは、車が古臭く見えるサビをチェックするポイントを紹介していきます。
中古車でリースアップ車は状態が良いのが多い理由
中古車でリースアップ車は状態が良い場合がほとんどです。その理由などやリースアップ者を選ぶメリットなども紹介していきます。
中古車を選ぶならディーゼルは狙い目の理由
燃料代を節約したいならエコカーではなくディーゼル車を選ぶほうが安いです。ディーゼル車のメリットやデメリットなどを紹介していきます。
安心を求めるなら中古車はディーラーが良い5つの理由
中古車に安心を求めるならディーラーで買うほうが良いでしょう。その理由を5つに絞って解説をしていきます。
試乗車アップの中古車は安心して乗れる理由
試乗車アップの中古車はほかの中古車と比較して安心して乗ることができます。その理由について解説をしていきます。
中古車の納車日をできるだけ早くする方法【買う前にすべき準備】
中古車の納車日をできるだけ早くするには下準備をしっかりとしたほうが良いでしょう。その下準備のやり方について具体的に紹介していきます。
輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解
輸入車は故障が多いと思っていませんか?それは大きな間違いです。輸入車は故障が多いと思われている理由担っている勘違いを解消していきます。
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性について紹介していきます。
車の寿命が走行距離と比例しない理由
車の寿命というのは走行距離に比例しません。たとえば、走行距離が10万Kmを超えていても寿命ではない場合が多く普通に使える場合が多いです。車の寿命がどういう状態で来るのかを解説していきます。
中古車のハイブリッド車を買うなら用心すべき事とは?
中古車のハイブリッド車を買う場合は気を付けるべきポイントがあります。中古のハイブリッド車を買う場合に用心するべき部分を紹介していきます。
アイドリングストップの中古車を買う場合の注意点
アイドリングストップの中古車を買う場合はいろいろなメリットデメリットを知ったほうが良いでしょう。アイドリングストップ車のを中古で買う前に実際にアイドリングストップ車に乗っている当管理人の実体験を交えて解説していきます。
5年落ちで走行距離が多い車を買おうかと迷っている人へ
値段が安い5年落ちの中古車を探しているなら最も良いポイントがあります。極上の中古車を手に入れるためのポイントを紹介していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較