ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

 

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

 

 

外車は故障が多いといわれていますが
もはや、それは過去の話となります。

 

ですが、どうして外車が故障が多いといわれるのか
何を根拠として言われるのかは定かではありません。

 

 

 

 

 

どうして、外車は故障が多いと思われているのかを
一つ一つ確認していきましょう。

 

ここでは、ドイツ車をメインとして話を進めていきます。

 

 

 

外車は故障が多いといわれるのは気候に問題あり

 

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

 

 

日本というのは海に囲まれていて
湿度が基本的に高い島国です。

 

しかし、ドイツの気候というのは乾燥気味なんです。

 

 

 

 

 

なので、湿気の影響によってベルトやホース類など
主にゴム系が劣化しやすくなり故障しやすくなります。

 

たしかに、昔の外車はタイミングベルトを使っていた車種が多かったので
6万Kmくらいでベルトがカチカチになってしまい気が付かずに走行をしていると
タイミングベルトが切れて修理代が高くつきました。

 

 

 

 

 

しかし、最近の外車にも日本車と同じように
タイミングチェーンを使う車種も増えています。

 

なので、タイミングベルトがカチカチになり
切れることは少なくなっています。

 

 

 

 

 

ただ、足回りのゴム系に関しては大量にゴムが使われているので
日本の気候に適さない部品は劣化していきます。

 

なので、外車を中古で買うという場合は
足回りのゴム系を新品に交換することをお勧めします。

 

 

 

車に対する考え方の違いで故障リスクが高まる?!

 

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

 

 

 

日本車の多くは耐久性を重視しています。

 

さらに、ノーメンテで10万キロ走ったという事例もあるので
日本車は壊れにくいといえます。

 

 

 

 

しかし、外車はメンテナンスをする前提で作られているので
ノーメンテ派の人が所有すると故障しやすくなります。

 

たとえば、外車の場合それぞれの寿命が違うため
中古で購入した時に、たまたま寿命を迎えたパーツにあたると
「買ってすぐに壊れた」という印象を持ってしまいます。

 

 

 

 

 

ただ、外車の中古車というのは「すぐに故障する」というのではなくて
日本車よりもこまめにメンテナンスをして各部品の寿命を把握する必要があるんです。

 

適度に、車をメンテナンスをして交換すべきパーツも
交換していくことができれば車の状態を良好に保つことができるでしょう。

 

 

まとめ

 

輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解

 

 

中古車で購入をした外車に乗っていてトラブルにあわないために
どこから購入をするかによってすべてが決まります。

 

たとえば、フォルクスワーゲンなどの正規ディーラーを通じて
中古車の「UP!」を買うほうが安心できます。

 

 

 

 

 

外車の場合は行さyが外国から直接買って輸入をするという
並行輸入中古車というのもあります。

 

ただ、正規ディーラーで購入した場合は
日本の気候に合わせて生産されている外車なので
機構によるトラブルは少ないといえます。

 

 

 

 

さらに、故障したときにディーラーの場合は
保証もあるので部品などもすぐに手に入るのが特徴です。

 

これはプジョーのディーラーで営業マンから聞いた話ですが
故障しやすい部品は日本にも在庫がある」ということなので
外車でも修理は素早くできるようです。

 

 

 

 

 

営業マンさんの言うには在庫にあれば
3日で商品は届くからすぐに修理は可能」ということです。

 

在庫がない場合は飛行機で部品を届けるようです。

 

 

 

 

 

しかし、並行輸入の中古車は外国で走行していた車が
そのまま日本に輸入されてくるので製造年月日が不明なこともあります。

 

さらに、並行輸入の中古車は日本と気候が違うため
故障が多いともいわれています。

 

 

 

 

外車を所有しようとお考えの人は
維持費なども不安があるのではないでしょうか。

 

たとえば、自動車税などや車検などの不安があるなら
こちらのページで詳しく解説をしているのでご確認ください。

 

↓↓        ↓↓

 

外車の維持費は思ったよりも安い【イメージとのギャップ】

 

 

 

 

関連ページ

満足して乗り続けるための中古車選びとは?
満足して乗り続けるための中古車選びを紹介していきます。
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイント
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイントを紹介していきます。
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車とは?
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車を紹介していきます。
中古車の軽自動車で5年落ちはお買い得か検証
中古車の軽自動車で5年落ちの車は大変お買い得な車だと感じます。ですが、NAとターボ車とでは選び方が異なります。当管理人の体験談を交えて解説をしていきます。
新車と中古車はどちらがお得か体験談で解説!
新車と中古車はどちらがお得なのか実体験をもとに解説をしていきます。
中古車の寿命を大きく縮めるサビをチェックするポイント
中古車で最も注意してみるべきものがあり、それを見逃したために車に中古車感がアップしやすくなります。できれば、奇麗で安い中古車を手にしたいと思うでしょう。ここでは、車が古臭く見えるサビをチェックするポイントを紹介していきます。
中古車でリースアップ車は状態が良いのが多い理由
中古車でリースアップ車は状態が良い場合がほとんどです。その理由などやリースアップ者を選ぶメリットなども紹介していきます。
走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由
走行距離が10万キロ以上ある中古車が最も狙い目の理由は、とにかく安いということです。どういう人に最適なのかも具体的に解説していきます。
中古車を選ぶならディーゼルは狙い目の理由
燃料代を節約したいならエコカーではなくディーゼル車を選ぶほうが安いです。ディーゼル車のメリットやデメリットなどを紹介していきます。
安心を求めるなら中古車はディーラーが良い5つの理由
中古車に安心を求めるならディーラーで買うほうが良いでしょう。その理由を5つに絞って解説をしていきます。
試乗車アップの中古車は安心して乗れる理由
試乗車アップの中古車はほかの中古車と比較して安心して乗ることができます。その理由について解説をしていきます。
中古車の納車日をできるだけ早くする方法【買う前にすべき準備】
中古車の納車日をできるだけ早くするには下準備をしっかりとしたほうが良いでしょう。その下準備のやり方について具体的に紹介していきます。
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性について紹介していきます。
車の寿命が走行距離と比例しない理由
車の寿命というのは走行距離に比例しません。たとえば、走行距離が10万Kmを超えていても寿命ではない場合が多く普通に使える場合が多いです。車の寿命がどういう状態で来るのかを解説していきます。
中古車のハイブリッド車を買うなら用心すべき事とは?
中古車のハイブリッド車を買う場合は気を付けるべきポイントがあります。中古のハイブリッド車を買う場合に用心するべき部分を紹介していきます。
アイドリングストップの中古車を買う場合の注意点
アイドリングストップの中古車を買う場合はいろいろなメリットデメリットを知ったほうが良いでしょう。アイドリングストップ車のを中古で買う前に実際にアイドリングストップ車に乗っている当管理人の実体験を交えて解説していきます。
5年落ちで走行距離が多い車を買おうかと迷っている人へ
値段が安い5年落ちの中古車を探しているなら最も良いポイントがあります。極上の中古車を手に入れるためのポイントを紹介していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較