ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

車の寿命が走行距離と比例しない理由

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

 

車の走行距離でエンジンの寿命は決まりません。

 

多くの人は「10万km〜15万Km」で
車の寿命だと考えているかもしれません。

 

 

しかし、最近の軽自動車を含めた車というのは
30万Km以上は確実に乗り続けることができます。

 

 

 

ただ、多くの場合は車に飽きてしまう又は新型に興味を持つため
乗り換えを検討するケースが多いのではないでしょうか。

 

僕の個人的な考えですが、実は車には寿命というのがなくて
「乗り換えたい」という気持ちが湧いた時点で
それが、車の寿命だと考えています。

 

 

 

 

走行距離が多い車は故障が多いのは嘘

 

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

 

ある中古車販売店の方から聞いた話で
「走行距離が多い車は故障が多い」とのこと。

 

 

 

100%嘘です。

 

 

 

なぜなら、タクシーなどは平気で30万Kmは軽く走ってますし
トラックなどもそれ以上に走っているはずです。

 

ただ、走行距離が多い車というのは
劣化している部品が多いということもあり
消耗部品を交換しないまま乗り続けていると故障するということです。

 

 

 

 

 

なので、年式が古くても走行距離が多い車でも
中古車として購入したらすぐに「オイル交換」などをして
足回りなどのゴム系は最初にチェックしたほうが良いと考えられます。

 

さらに、エンジン系で「エアクリーナー」が汚れていたら交換し
プラグなども電極が丸まっていたら交換するという風にすると良いですね。

 

 

 

そうすることで、仮に故障しても原因究明しやすくなるでしょう。

 

 

 

低年式車でも故障が全くない方法を暴露

 

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

 

 

10年落ちの車は故障しやすいと思い込んでいる人は多いかもしれません。

 

しかし、10年落ちの低年式車であっても
故障しにくい車にすることができます。

 

 

 

まず、中古車を買ったら以下の部品のチェックや
エンジンオイルの交換をしていきます。

 

1、エンジンオイルの交換

 

2、シャフトブーツのチェック

 

3、タイロッドエンドブーツのチェック

 

4、ブレーキパッドの残量確認

 

5、タイヤの溝の確認

 

6、エンジンのエアクリーナーの汚れをチェック

 

7、プラグの状態をチェック

 

8、冷却水のチェック

 

9、CVT又はATの交換(年式が5年落ちの場合)

 

10、バッテリーのチェック

 

11、ファンベルトに傷やひび割れがないかチェック

 

 

以上の部品やオイルなどを交換していくことで
低年式車でも故障しにくくなります。

 

ただ、すべて交換するという発想ではなく
交換しなくてはいけない部品だけを交換していきます。

 

たとえば、エアクリーナーが新品っぽい感じなら
交換しないでそのまま使うという感じです。

 

 

 

 

なので、交換しなくても良い部品などは
交換すべき時が来るまで、僕の場合は放置していることが多いですね。

 

低年式車の場合は1ヶ月に1度
自分で交換すべき部品がないかを点検するようにしています。

 

 

 

 

ただ、僕が今回交換したりチェックしている項目以外にも
チェック項目があるという人もいるかもしれません。

 

しかし、これが正解というわけではないので
これを参考にしていただくだけで結構です。

 

 

 

僕の場合は、1〜11の項目に優先順位をつけて
半年間かけて修理又は交換をしていました。

 

 

 

 

低年式車はマニア以外は買ってはいけない

 

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

 

 

先ほどのチェック項目を見て「低年式車はお金がかかりすぎる」と
そのように思ったなら、それは正解です。

 

なぜなら、低年式車というのは
年式がとても古いので思ったよりも
部品も劣化しているので交換するべき部品が多いからです。

 

 

 

 

しかも、低年式車の場合は自分で点検をして
自分でなんでも交換できない人はお金だけが飛んでいきますね。

 

僕の場合は、ほとんどの部品を自分で注文して
自分で交換することができるので交換費用も
かなり安くすることができています。

 

 

 

 

 

たとえば、シャフトブーツなどをディーラーで交換する場合は
軽自動車で3万円〜5万円します。

 

しかし、自分で交換する場合は12000円くらいで出来てしまいます。

 

 

 

 

なので、低年式車はできる限り避けるようにして
最低でも5年落ちの車を狙うようにしたほうが無難でしょうね。

 

理由は、5年落ちの中古車は劣化している部品や
交換するべき部品などが点検をしても少ないからです。

 

 

 

まとめ

 

車の寿命が走行距離と比例しない理由

 

 

結局、車の寿命が走行距離と比例しない理由は
劣化した部品がないかをチェックして交換していくということで
車の寿命を延ばすことができるということです。

 

たしかに、10万Km走行した車は
劣化した部品が多くエンジンコンディションが悪い場合があります。

 

 

 

 

しかし、点火系や電装系などを交換できるものは
交換していくことで走行距離に比例せずに乗り続けられるということです。

 

ただ、走行距離に執着しすぎると
販売店との間で思わぬトラブルに遭遇してしまいます。

 

 

 

 

それはどういうトラブルなのかは
こちらのページで詳しく解説をしているのでご確認ください。

 

↓↓          ↓↓

 

走行距離が少ない中古車の考えられる危険性

 

 

 

関連ページ

満足して乗り続けるための中古車選びとは?
満足して乗り続けるための中古車選びを紹介していきます。
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイント
一目でわかる信頼できる中古車販売店を見るポイントを紹介していきます。
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車とは?
遠出が出来て燃費の良いおすすめの中古車を紹介していきます。
中古車の軽自動車で5年落ちはお買い得か検証
中古車の軽自動車で5年落ちの車は大変お買い得な車だと感じます。ですが、NAとターボ車とでは選び方が異なります。当管理人の体験談を交えて解説をしていきます。
新車と中古車はどちらがお得か体験談で解説!
新車と中古車はどちらがお得なのか実体験をもとに解説をしていきます。
中古車の寿命を大きく縮めるサビをチェックするポイント
中古車で最も注意してみるべきものがあり、それを見逃したために車に中古車感がアップしやすくなります。できれば、奇麗で安い中古車を手にしたいと思うでしょう。ここでは、車が古臭く見えるサビをチェックするポイントを紹介していきます。
中古車でリースアップ車は状態が良いのが多い理由
中古車でリースアップ車は状態が良い場合がほとんどです。その理由などやリースアップ者を選ぶメリットなども紹介していきます。
走行距離が10万キロ以上ある中古車は狙い目の理由
走行距離が10万キロ以上ある中古車が最も狙い目の理由は、とにかく安いということです。どういう人に最適なのかも具体的に解説していきます。
中古車を選ぶならディーゼルは狙い目の理由
燃料代を節約したいならエコカーではなくディーゼル車を選ぶほうが安いです。ディーゼル車のメリットやデメリットなどを紹介していきます。
安心を求めるなら中古車はディーラーが良い5つの理由
中古車に安心を求めるならディーラーで買うほうが良いでしょう。その理由を5つに絞って解説をしていきます。
試乗車アップの中古車は安心して乗れる理由
試乗車アップの中古車はほかの中古車と比較して安心して乗ることができます。その理由について解説をしていきます。
中古車の納車日をできるだけ早くする方法【買う前にすべき準備】
中古車の納車日をできるだけ早くするには下準備をしっかりとしたほうが良いでしょう。その下準備のやり方について具体的に紹介していきます。
輸入車は故障が多いと言われる理由と誤解
輸入車は故障が多いと思っていませんか?それは大きな間違いです。輸入車は故障が多いと思われている理由担っている勘違いを解消していきます。
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性
走行距離が少ない中古車の考えられる危険性について紹介していきます。
中古車のハイブリッド車を買うなら用心すべき事とは?
中古車のハイブリッド車を買う場合は気を付けるべきポイントがあります。中古のハイブリッド車を買う場合に用心するべき部分を紹介していきます。
アイドリングストップの中古車を買う場合の注意点
アイドリングストップの中古車を買う場合はいろいろなメリットデメリットを知ったほうが良いでしょう。アイドリングストップ車のを中古で買う前に実際にアイドリングストップ車に乗っている当管理人の実体験を交えて解説していきます。
5年落ちで走行距離が多い車を買おうかと迷っている人へ
値段が安い5年落ちの中古車を探しているなら最も良いポイントがあります。極上の中古車を手に入れるためのポイントを紹介していきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較