ディーラーに騙されるな!失敗しない中古車選びの極意

すぐに乗れる安い中古車で軽自動車の探し方

すぐに乗れる安い中古車で軽自動車の探し方

 

何らかの理由で、すぐに乗れる中古車が欲しいという場合は
気持ち的に焦っている状態だと思います。

 

僕の場合は、過去に帰宅途中で車が故障をして
なんとか家の駐車場に帰ってきたことがあります。

 

 

 

 

 

その時に、車検が残り1年でも良いから
すぐに乗れる車をカーセンサーで探しました。

 

この時に、予算の上限は10万円までにして近くで
探していくことにしたんです。

 

 

 

 

 

でも、年式は平成15年式から探したいという気持ちは
別に捨てる必要はありません。

 

なぜなら、平成15年式の中古の軽自動車は
激安の車が多いからです。

 

 

すぐに乗れる安い中古車で軽自動車の探し方

 

 

しかも、どうして僕が平成15年式より古い車は買わないのかと言えば
14年式より古い車は絶対にエアコンが利かないからです。

 

14年式で中古の軽自動車でも良いのですが
車によって効かない可能性もあるので
平成15年式の車を狙うのがベストだと感じます。

 

 

 

 

そして、車検の残りがある中古車は
安く買うことができるんです。

 

さらに、1週間以内に納車される可能性も高いんです。

 

 

 

 

僕の場合は、すぐにの車が手に入らないと
会社に乗っていくことができなかったので
中古車販売店の方に無理な相談をしてなんとか
2日後に納車してもらうことに成功しました。

 

もちろん、その時に買った車は車検の残りが合った中古車です。

 

 

 

 

しかし、車検の残りがない中古車の場合は
2週間〜3週間はかかってしまいます。

 

 

しかも、僕のようなケースで
すぐに車を手に入れないと不都合が生じるという場合は
車検の残りがある車を買ったほうが良いですね。

 

 

 

 

 

しかし、「車検2年付き」と書いていながら
最初から車検に通すのが目的の中古車もあります。

 

なので、何らかの理由で、すぐに車が欲しいという人は
車検1年付きの中古車が望ましいですね。

 

 

 

 

激安中古車は売れ行きが早い!

 

 

ハッキリ言って、激安の中古車は売れ行きが
とても速いという経験を持っています。

 

 

 

 

たとえば、10万円ポッキリのH15年式MRワゴンを
家の近くで見つけたとしましょう。

 

でも、「2日後くらいに電話してみるか」という気持ちでいると
見つけた激安の軽自動車が売れてしまうこともあるんです。

 

 

 

 

僕は、これまで激安の中古車を色々と買ってきましたが
電話をして在庫確認の時に「これは良い!」と思って狙っていた車が
売れていたり売約済みになっていたりすることは良くありました。

 

なので、見つけたらすぐに電話をして
見に行くということを伝えるべきでしょう。

 

 

 

 

でも、見に行くと言っていたのにもかかわらず
いざ、見に行ったら売約済みだと言われることもありましたよ。

 

激安中古車を買うときは余りこだわらないほうが良いですが
それでも、こういう部分はチェックしたほうが良いでしょう。

 

↓↓      ↓↓

 

中古車の事故歴がある車の見分け方

 

 

関連ページ

エコカー減税は中古車でも適応されるか検証
エコカー減税は中古車でも適応されるか検証していきます。
3ナンバーは税金が高いは昔の話は本当か検証
3ナンバーの自動車税は高いというイメージが強い人っていませんか?自動車税はナンバーで決まるわけではありません。3ナンバーでも安い車とは何かを解説していきます。
外車の中古車を選ぶときに確認すべき5つの注意点とは?
失敗しない中古車の外車選びはポイントを抑えて選べば後悔のない買い物ができます。外車の中古車の絶対に確認すべき注意点を解説していきます。
外車の維持費は思ったよりも安い【イメージとのギャップ】
外車の維持費は高いとされてきました。たとえば、燃料はハイオクを入れていたので燃料代が高いといわれてきました。しかし、近年会社も変化して燃料代も国産並みに変化しつつあります。そうした外車の維持費について紹介していきます。
失敗しない激安中古車を買うためのポイントとは?
失敗しない激安の中古車を買うためにはいろんなことに注意しないと絶対に失敗をします。当サイトでは実体験をもとに激安中古車選びの方法を紹介強いてきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 目次 中古車を安く買う秘訣 事故歴がある車の見極め方 ライバル車の比較